• トップページ
  • 事業内容
  • 企業情報
  • 販売パートナー募集
  • 採用情報

ホーム > 企業情報 > CSRの取り組み

企業情報

CSRの取り組み

地域密着・地域振興を中核としたグリーン経営実践による企業価値向上

グリーン経営とは
グリーン経済

富士山の銘水グループは環境保全活動・地域創生活動への
寄付支援にも取り組んでいます。

地域振興・地産全消
地域振興・地産全消

当社では水事業を中核とし、粟井英郎環境財団とともに、地場産業とのタイアップ、新商品・新事業の開発に取り組んでいます。
また、地場産品とのコラボやセット販売により、富士山の自然の恵みを全国にお届けしています。
(例:お米・野菜などの食品/その他嗜好品/サプリおよび特保関連商品)
その他、事業成長による雇用の創出や環境保全活動、
地域振興活動への寄付支援なども行っています。

産・官・学・組・団の取り組みと連携

産・官・学・組・団で連携をして、水ビジネスを通じて富士吉田市の経済の活性化や環境の保全に取り組んでいます。今日まで水ビジネスでは地域・行政との対立関係が生じやすく、連携した取り組みは画期的なことといえます。

恩賜林組合との協定

2013年4月24日 粟井英朗環境財団と恩賜林組合との間で「森林整備パートナーシップ協定」を締結。
財団の活動が評価され、やまなし森づくりコミッションの橋渡しにより、民間で初めて今回のパートナーシップが実現しました。今後は恩賜林組合とともに富士山の森林約40haを対象とした協働の森林整備事業に取り組んでいきます。

恩賜林組合